派遣とアルバイトの違い

正社員として働く以外にも様々な働き方があります。非正規雇用として一括りにされることが多い派遣とアルバイトですが、実はその働き方には大きな違いがあります。

まず雇用先ですが、派遣は派遣会社が雇用をしてお給料を支払うのも派遣会社になります。一方でアルバイトは働くところが雇用をして仕事先からお給料をもらう事になります。仕事内容については派遣は派遣会社と仕事先とが協議をして契約を交わした内容のみとなりますが、アルバイトの場合には仕事先の裁量で仕事内容が変わる可能性もあります。

大きな違いとしては雇用期間の違いがあります。派遣は契約期間が決まっており、その契約期間が満了となると更新をするか、もしくは契約を終了して仕事が終わるかということになりますが、アルバイトの場合には雇用期間に制限がありません。

例えば、アルバイトは自分の都合でやめることが出来ますが、派遣の場合には契約が満了しなければ辞めることができません。逆に派遣はこのまま働きたいと思っても契約が更新されなければ働けませんし、一定期間以上継続して派遣のままで働くことはできませんが、アルバイトの場合には、雇用者の勝手な都合で簡単にやめさせることはできませんし、働きたいと思えば働き続けることが出来ます。

このような違いが派遣とアルバイトではあります。